= アイラブ可児 =
■2014/8/18 - 進化or劣化
              俯瞰する眼
約20年振りに以前家族で赴任していた南の国へ、全家族
(娘2人・同夫2人・孫3人+愚妻&小生)で行って来ました。
まず驚かされたのは町の姿の変貌ぶりで、高層ビルの林立、
鉄道や道路の整備、商業施設の巨大化、自動車の激増に
伴う慢性化した交通渋滞等々、以前と違う国に来たのでは
ないかと何回も自問しました。
限られた行動による評価ですが、一般市民の生活レベルも
かなり向上しているように見受けられ安心しました。
翻って日本の最近20年間の変化は如何かとみると、物質
的な欲求満足度が満たされたのに反比例して、精神構造的
には好ましくない方向、即ち国として劣化が進んでいるように
感じています。
同行した一人が日本の良さを改めて確認できた気がする。
海外旅行は日本を俯瞰する効果があることが分かったと言
ってくれたのは、大きな成果の一つでした。
若い人にはどんどん海外に出かけてもらいたものです。
古い友人、友人のご子息などに大変お世話になり快適な旅
ができました。
確認した友情をさらに進化させ、国際交流の輪の広がりに
少しでも貢献できないかと考えています。


 



Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
http://www.sakai-m.org/ilovekani/archive_528.htm
■コメント
NAME
MAIL
URL
BODY