= アイラブ可児 =
■2019/7/11 - 井戸塀議員
          初心に帰る
12年前恩師に市議会議員選挙に出る相談に行きましたら、
井戸塀議員になるなら賛成だといわれました。
意味は議員とは財産も含め全てを有権者に捧げ、議員を
辞する時には井戸と塀しか残らないと言うことです。
今一度この言葉を噛みしめたいと思います。
因みにこの先生は県重要文化財可児市兼山町の可成寺所蔵
「脛当て」を世に出した方です。
厳しい選挙戦に備えて走り回っていましたら、庭の木々に
変化がありました。
 近年にない大豊作のカボス
1705.jpg
 今年二度目の開花クレマチス
1704.jpg
 緊迫感満タンの後援会集会
1706.jpg




Comment(0) | Trackback(0)後援会活動
http://www.sakai-m.org/ilovekani/archive_833.htm
■コメント
NAME
MAIL
URL
BODY