= アイラブ可児 =
■2019/10/12 - 令和の揮毫者
         東海飛騨市会
恒例の東海飛騨市会が名古屋市内のホテルで開催され飛騨市長、
議長はじめ多くの来賓と出身者+飛騨市フアン等々2百拾余名で
盛り上がりました。
中日の根尾君、神岡のカグラ等話題に事欠かない会でしたが、
当日配られた出席者名簿の題字は「令和」を揮毫された市内出
身の茂住箐邨先生の書であることには全員大感激でした。

先生が書に込めた思いを次のように述べられています。
「木簡隸、古隸を意識し、歴史ある会に相応しい様に重厚感を
持たせ、且つ、これから益々発展されます様に、線と線を切ら
ない様に連綿させて、躍動感を感じてもらえるように心がけま
した。」
1738.jpg

1736.jpg

1735.jpg

1737.jpg
 翌日の中日新聞記事
1739.jpg





Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
http://www.sakai-m.org/ilovekani/archive_842.htm
■コメント
NAME
MAIL
URL
BODY