= アイラブ可児 =
■2020/5/2 - 9月入学
        日本衰退のワクチン
9月入学論点整理を評価したい。
世界の政治経済の軸が不安定化する中で、日本が将来安定軌
道上を走るには果敢な制度改革が必要です。
少なくとも足カセになっている部分には早急に手をつけなけ
ればなりません。
今迄表にでなかった9月入学が新型コロナウイルスのドサクサ
に便乗したかに受け取られかねませんが、この災難だけに目を
奪われることなく、日本の将来を見据えている、知事会の卓見
に敬意を表したい。
今後日本が世界で生き残るには、技能実習生だインバウンド数
だと小手先の現象を気にせず、若者の教育、特に国際感覚体得
を優先すべきです。
些細な体験を少し!
以前2歳と4歳の子供を連れて4月に海外赴任しました。
歴史のある2歳から大学までの一貫校に面接に行きました。
9月入学の国では途中受け入れは迷惑な存在、先ず断ることを
前提とされる。
聞かれたのは家庭の教育方針、A:女子らしく優しさを持ち感受
性豊かな子に育てたい。
返答:この学校は国のリーダーを養成する所なので貴方の子供
を受け入れることはできない。
反論:私は貴国の経済の発展と雇用に貢献しようとしてきた。
その意思を理解できない学校には、こちらから願い下げします。
斯様なやり取りの末入学できました。
但し子供は、100%理解できない言葉と教科の世界に中途か
ら侵入し、2年後に4月開始の日本人学校に入るには中途退園
をせざるを得ない事態になりました。
日本人の海外留学が最近減少しています。
日本に来る外国籍児童は増え続けています。
多文化共生の必然は加速度的に広がります。
ペストの流行はルネッサンスに結び付きました。
この機会を活かすために、9月入学を考えてみませんか。







Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
http://www.sakai-m.org/ilovekani/archive_869.htm
■コメント
NAME
MAIL
URL
BODY