= アイラブ可児 =
■2013/4/29 - 安全な車
              ぶつからない車
9年間乗って13万キロ走った車を買い替えました。
車選定の条件は、環境に配慮したハイブリット車であること・予防安全装置
付き車(ぶつからない車・高速道路車間距離保持等)。
年齢を考えて、ケータイのフリーハンズ、接近警報や後方確認画面の精度
も考慮しました。
さらに、2尺和太鼓が4個積載可能・7名乗れること・洗車の手間を考え、汚
れの目立たない色にしました。
車の安全装置の普及はABS,シートベルト、エアーバック、衝突回避支援等
が思い浮かびますが、どちらかと言えば運転者側に立った対策であると思
います。
これらは装置の普及が広く進まないと全体の交通安全向上には繋がらない
のが残念です。
そこで取り合えず、多くの命を預かる車や破壊力?(大型、重量大)のある
車に義務化すべきではないでしょうか。
それにつけても、もう少し安くできないかと思ったことでした。

洋らん展が花フェスタ記念公園で始まりました5月6日まで、お出掛けを!
昨日のオープニングセレモニーで感謝の挨拶してきました
723.jpg


 

 
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
■2013/4/22 - 一服
             焼き物の魅力
この時期は各種団体の総会、懇親会等に加えて自治体首長選挙が
行われ連日、過密スケジュールが続いています。
少し気分転換にと過日土岐市に出掛け、思わぬ眼福に恵まれました。
人間国宝の荒川豊三氏、鈴木蔵氏、加藤景秋氏、加藤卓男氏、加藤
土師萌氏、塚本快示氏達の作品を鑑賞させていただきました。
国宝「卯花墻」を鑑賞してから、陶磁器に強い関心が湧いています。

「卯花墻」のせいでしょうか大振りの鼠志野茶碗を買いました。
ゆっくり茶を楽しめるのはもう少し先になりそうです。
721.jpg


Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
■2013/4/15 - 自治会のあり方
          求められる柔軟性
十年ほど前に自治会本部役員として5年間携わり、今年は
班長という末端の役が周ってきました。
今回は以前より進化しているのに驚いています。
自治会費を集金する場合は事前に予定を通知をしておく
ルールは親切なことだと感心していたら、なんと当日不在
だった方が自発的に次々と持参してくれました。
高齢化で役員就任に停年性を導入して欲しいとの意見が出た
とき、一番身近にいるグループが思いやりを持って判断するべ
きで、一律に制度で縛るような冷たい繋がりにしたくないと、説
得したことが活きているようで、少し暖かい気分になりました。
 
当時取り組んだ高齢化対策として、パトロール活動の助け愛
隊結成、公民館のバリアーフリーと耐震化、役員数の半減、2
世帯住宅の優遇、消防団選出方法の見直し、路上駐車の減
少活動、自主防災組織結成、、高齢者スポーツ拠点に休憩所
設置、報酬金の明朗化、各クラブ助成の減額、女性部と子供
会役員の負担軽減等々を実施しましたが、自治会の存続意義
の再認識や自治会費負担の公平感など原点を共通認識する
課題が出てきているように思います。
More..
Comment(0) | Trackback(0)カテゴリ無し
■2013/4/8 - 消防団入退団式
          心意気
可児市消防団の入退団式が行われました。
近年全国的に団員確保が難しくなる中、50余名の
新入団者を迎えることができ、感謝の挨拶をしました。
その夜の歓送迎会で、団地住まいの自ら志願した新
入団員の挨拶、皆が来たくなる団に変える貢献をした
いと。
まいりました。何卒宜しく!
720.jpg
Comment(0) | Trackback(0)可児市行事